2019/08/291 Shares

あとで読む

Surface Proで音声録音をする方法とマイクを変更する方法

録音方法と音声デバイスの変更方法

Surface Proには搭載されてるマイクで、音声データの録音をすることができます。

この機能を利用することで、録音したデータをメールで送信したり、ボイスメモを取ることもできます。

使用するマイクも内蔵マイクを使用するのはもちろん、iphone純正のイヤホンマイクを使用したり、Bluetoothヘッドセットを使用したりもできるので、設定方法も紹介します。

スポンサーリンク

内蔵マイクの場所

まずは内蔵マイクがどこについているのかを確認しておきましょう。
フロントマイク
SurfaceProフロントマイク

リアマイク
SurfaceProリアマイク

音声の録音方法

まずは、タスクバーの検索窓に『録音』または『ボイスレコーダー』と入力しましょう。すると検索結果に『ボイスレコーダー』が表示されるので、クリックして進みます。

ボイスレコーダーアプリを開く

始めて起動する場合はマイクへのアクセスを許可するのか尋ねられるので『はい』をクリックします。これでSurface Proのマイクを使って録音ができるようになります。

マイクへのアクセスを許可

録音画面がが表示されているので、真ん中のマイクマークをクリックまたはタップすると録音が開始されます。
2019-05-04_15h41_22

録音中画面の説明

録音中の画面項目の説明をします。
録音中の画面説明

①録音時間 録音の総時間が表示されます。
②停止ボタン 録音を終了します。
③一時停止ボタン 録音を一時停止します。
④マーカーボタン 録音データマーカーを付けられます。
⑤マーカー時間 マーカーのある時間が表示されます。

録音終了後の画面説明

録音停止後の画面説明

録音後の画面説明

①タイトルと録音日時 データの名前と録音時間
②マーカーの時間 マーカーのついている時間が表示
③再生ボタン 録音データの再生
④マーカー追加ボタン 録音後でもマーカーの追加ができます。
⑤スライダー 再生位置をスライダーで調整
⑥メニューバー 保存、共有、加工などができます。
⑦新規録音ボタン 新しい録音を始めます。
⑧保存されているデータ 保存したデータ一覧

録音データの保存方法

録音終了ボタンを押せば自動的にデータは保存されます。

保存の場所
保存した録音データの名前を変更する場合は右下のメニューバーから変更します。
録音データの名前の変更方法

録音データの編集方法

録音したデータは後から編集できます。編集ができるといっても録音データの長さを調整するしかできません。
スライダーの黒い〇の位置を調整することで、保存する部分を選択できます。
録音データの編集方法

録音データの共有方法

録音したデータは、スカイプ、メール、ONEDRIVEなどで共有ができます。

メニューバーから『共有』ボタンを押して共有方法を選択しましょう。
録音データの共有方法

マイクの設定方法

マイクの設定では、マイクにアクセスできるアプリの選択などができます。
マイクの設定の変更

マイクのアクセスを許可するアプリ

録音デバイスの変更方法

Surface Proでは別売りのマイクや、iPhoneの純正イヤホンマイク、Bluetoothイヤホンマイクなど、音声を録音するマイクを変更することができます。

iPhoneの純正イヤホンマイクやBluetoothヘッドセットを使用する方法

まずはSurface Proの本体左側にあるイヤホンジャックiPhone純正イヤホンマイクを差し込むまたはBluetoothヘッドセットをSurface Proと接続させる。
イヤホンマイクをsurfaceproに差し込む

通知がいろいろと表示されるタスクバーから『スピーカーのマーク』を右クリックします。
サウンド設定マーク

メニューが開くので『サウンド設定』へ進む
サウンド設定を開く

『サウンド設定』が開くので、入力の『入力デバイス』からiPhone純正イヤホンマイクなら『Headset Microphone』を選択、Bluetoothヘッドセットなら接続しているヘッドセットを選択してサウンド設定を閉じます。
headsetmicrophoneを選択
Bluetoothヘッドセットの場合
ヘッドセットの型番を選択

これでSurface Proの内蔵マイクではなく、イヤホンジャックに差し込んだiPhoneのイヤホンマイクやBluetooth接続しているヘッドセットの音声を拾うようになります。

Point!

 

サウンド設定を開く場合は、スタートメニュー⇒設定⇒システム⇒サウンドからも設定ができます。

まとめ

音声の録音はスマホなどからも気軽にできてしまうので利用シーンは少ないかもしれません。

簡単なボイスメモやボイスメールを送るにはすごく簡単にできるので、一度は試してみてください。

最後のに紹介した、音声デバイスの変更方法(使用するマイクの変更)は動画の撮影やスカイプ使用時、Surface Proの音声認識ソフトcortanaを使用する際には必要になってくるので、ここで覚えておいてください。

Surface Proを持ち運びして使うのにおすすめアクセサリー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で