2 Shares

あとで読む

バッファローポータブルSSD【PGM-240U3】レビュー

BuFFALOSSD PGMシリーズ

この記事でレビューするポータブルSSDは、バッファローから発売されるPGM240UBという低価格で高速を実現した、エントリーモデルのSSDです。

このSSDの特徴は

  • 価格以上の速さ
  • 実用的な名刺サイズ
  • PS4にも高速ロードできる

特に僕が気に入ったのは、SurefaceProと使用していて感じた実用的な名刺サイズ。そんなバッファローのSSD PGMシリーズをレビューします。

BUFFALO ポータブルSSD-PGM240U3の基本スペック

この、シリーズは、価格帯もネットで5,500円~6,500円くらいで販売してるので、お手軽に購入できる手ごろなSSDだと思ます。

まずは、このバッファローSSFD-PGMシリーズの基本スペックを紹介しておきましょう。

対応OSWindows / mac
保存容量240GB / 480GB / 960GB / 1.9TB
USBUSB3.2/3.1/3.0/2.0
読込速度530MB/s
書込速度480MB/s
サイズ幅50㎜×高さ10.9㎜×奥行95㎜
カラーブラック・ホワイト・ブルー・レッド・ゴールド

Windowsとmacの両方で使用可能!両方で使える

WindowsでもmacでもどちらのOSでも使用はできます。もう、この辺りは今の時代は当たり前ですね。

ただし、macで使用する場合はmac OS拡張形式でのフォーマットが必要になります。

Windowsで使用する人は、そのままPCとつなげればすぐ使えますよ!

PGMシリーズの容量は240GBからたっぷり1.9TBまで

このポータブルSSDは気軽にデータをPCと一緒に持ち運びたいユーザーから、ヘビーに使用するユーザーまでが満足できる、データ量のラインナップがあります。

本体カラーブラック・ホワイト
容量240GB / 480GB / 960GB / 1.9TB
本体カラーブルー・レッド・ゴールド
容量480GB / 960GB

なぜか、カラーによって用意されている保存容量が違います。

変換用コネクタ付きでUSB-AもUSB-Cの両方使える

最近は標準で搭載しているPCも多くなってきたので、付属しているケーブルはUSB-Cですが、USB-Aも利用できるように変換コネクターが付属しています。

USB-Cに接続して使う変換コネクターも付属してます。

読込530MB/s書込480MB/sで動画でも画像でもどんとこい!

メーカから公表値は読込速度で530MB/s※intel Core i7で測定

読込速度530MB/s以上
書込速度480MB/s以上

僕が実際に計測Surfacepro第5世代とPro7のCore i7搭載機機で測定した結果がこちら

Core i5Core i7
読込速度456MB/s559MB/s
書込速度442MB/s508MB/s

公表値もCore i7での測定値なので、ほぼ公表値と同じくらいの速度は出ています。

サイズはきっかり名刺サイズ!

サイズは公表通りのほとんど名刺とおんなじサイズでした!

このサイズ感は、僕の中ではジャストサイズ!以前紹介したエレコムのポータブルSSD ESD-EFシリーズはフリスクのケースと同じくらいですっごく小さいんですけど、やはり小さすぎるのも…この名刺サイズってよく作られているけど、程よく存在感があって、ガチャガチャしたオフィスの机の上や、カバンの中でも比較的見つけやすい。ちょっとだらしない方にはお勧めジャストサイズです。

重さはケーブルと本体込みで64g。このくらいの重さはポケットに入れていても全く気にならない重さです。

ちなみに、ちょっとした気遣いですけど、本体側の接続部分が深く刺さるので、画像みたいにカバンなどにしまっておいても、コネクタ接続部が故障するのを保護してくれます。

バッファローSSD-PGM240U3をレビュー

それでは、実際に僕が1か月間会社、自宅、カフェで使用したレビューをしてみます。

使って分かるちょうどいい大きさの大切さ

基本スペックでもちょっと触れましたが、ちょうどいい大きさってすごくいい

この名刺サイズっていう大きさが、カバンや机の上、ノートPCのスリーブのポケットなどに入っていても、それなりに存在感があるので見つけやすい。おっ〇いも、大きすぎず、小さすぎずてに程よく収まる程度がいいっすよね!そんな感じです。

以前紹介したエレコムのSSD ESD-EF0250と比較するとこんな感じ。

やっぱり小さいのが最強!って人はこの記事を参考にしてみてください。

ポータブルSSD【ELECOM ESD-EF0250GBK】レビュー!SurfaceProにおすすめ

そして、自宅の外付けHDDと比較した画像はこちら。いらねーん

実際の速度は申し分なし!

最近仕事でyoutube動画を作成していて、カフェなどで編集することが多いのでこのバッファローSSD PGM240を動画素材を持ち歩く専用にしています。

作っている動画が10分以内の動画ってのもあるかもしれませんが、書き込み読込速度にほぼストレスを感じたことはありません。さすがに20分くらいの動画を読込するときはそれなりに時間はかかりますけどね。

実際に、僕が沖縄旅行に行った時の画像や動画の入ったフォルダ約42GB(ファイ数731個)をバッファローPGM240に書き込んでみた結果は

この2分43秒が遅いか早いかはわかりませんが、実際に使用していて42GB のデータを書き込むのにこの程度の時間なら、問題はないと思います。

セキュリティソフトや便利ソフトも付いてく

このSSD PGMシリーズには、購入するとすでにSSD内に便利ソフトが入っています。

みまもり合図SSDの状態が確認できる
おでかけロック設定パスワードがかけられる
スマートツインズバックアップからWinが起動できる
SecureLockMobile2暗号化できる
DiskFormatter2フォーマットが簡単にできる

この中でお勧めなのは『みまもり合図』と『おでかけロック』もしも来るかもしれないいつかのために使いたいのは『スマートツインズ』

もちろんPS4にも対応してます

とはいっても残念ながら240GBモデルは拡張ストレージとしては使えないんです!残念。

480GB、960GB、1.9TBは問題なく使えます。このSSDを使えばゲーム起動時間やロード時間をPS4内蔵HDDより断然早く遊べるよ。

amazonの口コミ評価が4.5!

最終的に僕が購入を決めたのはamazonの評価でした。おれも普通の人でした。なんせ口コミ評価が購入当時2007件あって星評価4.5ですよ!間違いなく信頼しちゃいますよね?

評価の高いほうに多いのは、やはり『価格とスピード』値段の割には皆さん速さを体感しているようでした。?あとはPSで使用した人がロードの速さに感動している人が多かったのが印象的です。

やはり、いい評価より気になるのは星1つの口コミですよね?

良く無い口コミは?

  • 16GBのデータの書き込みに2時間かかった
  • 書込みが牛歩のようだった

などありました。これは実際に使った方の1例だと思います。僕が実際に画像と動画データ42GBを書き込んだ時間は2分43秒でした。

書込みしている人が嘘を書いているわけではないと思います。なので、初期不良や個体差などもある可能性があるということで認識しておいたほうがいいと思います。

初期不良などであればバッファローさんなら、しっかり対応してくれると思います。

まとめ

バッファローSSD PGM240を使用して、特によかったのはサイズ感。このサイズ感は、エレコムの極小SSD ESD-EFシリーズを使っていたからこそ感じたのかもしれませんが、名刺サイズがちょうどいい。

サイズ感と、容量が240GBなので価格も購入しやすい価格帯でバランスが良かったです。もちろん物足らない人は大容量タイプを選べるラインナップも〇。

読込速度は体感として、大容量の動画などの読込書き込みを頻繁に行わなければ、ストレスを感じることはほぼないと思います。

気軽に購入できる価格なので、エントリー機やどんな用途で使えるか想像がつかない人などにはうってつけのポータブルSSDだと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で