2018/05/032 Shares

あとで読む

美容師さんがやってる!頭から発する臭いを徹底的に抑える頭の洗い方

正しいシャンプーの方法

頭から発する加齢臭は自分でも一番気が付く発生場所でもあります。あなたもふとした時に頭から発する脂酸っぱい加齢臭のニオイを感じた事はありませんか?

そして、頭皮から発せられた加齢臭は髪が風でなびいたりするたびに周りに加齢臭を振りまきます。

仕事等で営業職や受付などをしていても頭は他人の鼻に一番近いところでもあるので、ニオイが人に届きやすいのです。

今日は、そんな頭から発する加齢臭を徹底的に抑えるための洗い方から洗った後のケアまでのコツをご紹介します。

頭から発する加齢臭を抑えるだけで、周りの人に届く加齢臭が激減します。

スポンサーリンク

頭から発する加齢臭の原因

この記事を読んでいる方は、自身から発せられている加齢臭に気がつき対策を考えている意識の高い方だと思うので毎日お風呂に入って頭もしっかり洗っている事でしょう。

それでもなぜニオイは発生するのか?まずは原因をしっかり知っておくことが大切です。

頭から発するニオイの原因は…

  • 皮脂線から出る皮脂汚れ
  • 髪の毛に付着する生活臭
  • 古い角質

もともと皮脂は肌を守ってくれています。しかし、体質や肌に刺激を与えることで皮脂が過剰に分泌してきます。そして、汗や古い角質が参加してニオイを発します。

そして、髪の毛と言うのは毛皮質という繊維の集まりでできていて、髪の毛が傷んでいたりすると油のニオイやたばこのニオイが吸着しやすくなります。

そのニオイの原因となる皮脂や古い角質、髪の毛についた生活臭をきちんと正しいシャンプーの方法で洗い流してあげなくてはなりません。

ただし日本人の90%以上の人が正しく髪の毛を洗えていないのが現状で、それがニオイを発してしまう原因とも言えるでしょう。

頭から発するニオイを抑える方法

正しい頭の洗い方の手順とコツ

頭を洗う時に大切なことが…

  • 予洗いをしっかり行う
  • シャンプーをしっかり泡立てる
  • 優しくマッサージをするように洗う
  • しっかりすすぎ
  • しっかり乾かす
頭を洗う時は下から洗う!
頭を洗うときはうなじやもみあげから下から上へ洗っていくと血行が促進されて頭皮が活性化しますよ

この3点を踏まえたうえで加齢臭を徹底的に抑える頭の洗い方を説明します。

予洗いをするだけで頭の汚れはほとんど落ちる

まず頭をしっかり洗うのに大切なのはお湯だけでしっかり予洗いをする事。

頭皮を刺激しない38度くらいのお湯の温度で頭皮や髪の毛にしっかりお湯を浸透させるような感じで予洗いを2~3分は行います

この予洗いをすることで髪の毛についているホコリなどの汚れやニオイのほとんどは洗い流せますし、頭皮の皮脂汚れなどをお湯で浮き上がらせることが出来るので、この後のシャンプーの効果がしっかりと得ることができるようになります。

シャンプーをしっかり泡立てる

みなさんはシャンプー剤を使いすぎてはいませんか??美容師の方いわく、男性の普通の長さの方ならボトルのプッシュ式のシャンプーならワンプッシュで十分だそうです。

そして、手に取ったシャンプー剤で手を洗うかのようにしっかりと泡立てます

髪の毛をしっかり予洗いし充分に湿らせた髪の毛ならばこれで十分に泡立ちます。

シャンプーはアミノ酸系がおすすめ

シャンプー選びは低刺激で頭皮にも優しいアミノ酸系のシャンプーを選ぶのがおススメです。

アミノ酸系の洗浄成分を使用したシャンプーは…

  • 頭皮や髪の優しい
  • 必要な皮脂を取りすぎない
  • 肌と同じ弱酸性

肌に低刺激な分、ワックス等の整髪料を使用している方は2度洗いが必要かもしれませんが、頭皮を刺激しないのでおススメです。

マッサージをするように優しく頭皮を洗う

しっかり手のひらで泡立てたシャンプーで頭を洗っていきます。ヘアーワックス等の整髪料を使用している方は2度洗いをしてください。

1度目のシャンプーは髪の毛についているワックス等の整髪料を落とすイメージで洗っていきます。

このとき、ほとんどの方は指先でワシャ―っ!っとガシガシ洗っていると思いますが、頭から発するニオイを徹底的に落とすならそんな洗い方をしてはいけません。

まずは手のひらでしっかり泡立てたシャンプーをもう一度髪の毛で泡立てるように、髪の毛を洗っていきます。この時も泡で髪の毛を包んで揚げるように泡立てながら洗います。

そして2度目のシャンプー。このときも1度目のシャンプー同様しっかり手でシャンプーを泡立てて、髪の毛を優しく包みこみ泡立てるように洗います。

充分シャンプーが泡立ったら次は頭皮です。頭皮は洗うと言うか優しく指の腹でマッサージする感覚で洗っていきます

予洗いをしっかりしているので、充分皮脂や汚れは浮き上がっているので洗うと言うよりはマッサージする感覚で洗います。

ゴシゴシ洗うのは本当に気持ちいですが、ゴシゴシ頭皮を洗う事で頭皮を刺激してしまい、余計な皮脂が分泌されてしまいニオイの原因になります。優しくマッサージするように洗ってあげるのがコツです。

充分な水量でしっかりすすぎ

優しくマッサージをするように頭皮を洗ってあげた後に重要なのは充分なすすぎでシャンプーと汚れをしっかり流す

せっかくここまでで皮脂や髪の毛の汚れをシャンプーで洗ってきたのに、すすぎをしっかりやってあげない事によって浮き上がった皮脂汚れや髪の汚れ、シャンプーが頭皮に残ってしまいニオイやかゆみの原因に繋がります。

すすぎの目安は、最初に行った予洗いの時間プラス1分。すすぎをするときのコツはシャワーを壁掛けの一番高いところからにかけて上からおでこの上あたりからお湯をかけます。

そして、すすぎもガシガシすすがずに上から下へ身の毛をかきあげるようにすると効果的です。

ヘアトリートメントなどは極力使用しない
トリートメントなどで毛穴を詰まらせてしまう可能性があるので、頭のにおいが気になる方は極力使わない方がいいかもしれません。もしも使用する際はなるべく頭皮につかないように毛先につける感じで、すすぎもしっかり行ってください。

乾かしが甘いと雑菌が繁殖しやすい

シャンプーでしっかり汚れの取れた髪の毛と頭皮をドライヤーで乾かしていきます。

男性の方はタオルでガシガシやって後は自然乾燥っていう方が多いと思いますが、ここでしっかりドライヤーを使って乾かさないと蒸れて雑菌が繁殖しニオイの原因になります

髪をしっかり乾かすコツは…

  • タオルドライをしっかり行う
  • タオルドライは頭皮を重点的に
  • ドライヤーを近づけすぎない

ドライヤーで乾かすことよりも、タオルドライで頭皮をしっかり拭き、余分な水分を取ります。このれでドライヤーの時間も短縮されます。

そして、ドライヤーで髪の毛を乾かしていきますが、ドライヤーの近づけすぎには注意してください。

ドライヤーの熱で頭皮を刺激して余計皮脂の分泌によりニオイの原因になってしまいます。

頭の後ろの方はドライヤーがかけにくいので、生乾きに注意してください。

頭皮を健康に保つマッサージ

最後に適切なシャンプーを行いしっかり乾かして綺麗になった頭皮に余計な皮脂や汚れが溜まらないようにマッサージを行い毛穴を引き締め頭皮の血行を促します

美容室等でシャンプーをしてもらった後にやってくれる頭皮マッサージって気持ちいですよね。

以下に美容師さんが動画で分かりやすくマッサージ方法をアップしてっくれているので参考にしてみてください。

頭の洗い方まとめ

頭を洗うと言うのは毎日行う事なのでニオイを抑える効果的な洗い方を知っておくのはニオイを抑えるのには本当に効果的です。

頭のニオイを徹底的に抑えるには…

  • 正しい洗い方で頭を洗う
  • しっかり乾かし菌の繁殖を抑える
  • 適度なマッサージを行い頭皮を健康に保つ

この頭の洗い方やマッサージ方法を覚えて毎日のお風呂で実践するだけで頭から発するニオイを抑えるのには効果的なので試してください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で