2017/12/012 Shares

あとで読む

iPhone Xのキーボード位置を設定だけで格段に使いやすくする方法

iphone入力

iPhoneXを手に入れてFace IDや全画面に大満足に浸っている人も多いと思います。

それゃ14万円もするんですから間違いなく完璧なスマホだと…思いたい。

高額なiPhoneを手にしたことでちょっとした不満に目をつむってはいませんか?

そう。通常のサイズのキーボードを使用していると、全画面になったiPhoneはキーの幅も広がっているので文字を打ち込むときも、指を動かす範囲が広がってしまっているのです。

そんなiPhoneのキーボードの位置を設定から簡単に変更する方法を紹介します。

スポンサーリンク

iPhoneの設定でできるキーボードのカスタマイズ

キーボードのカスタマイズは本当に簡単。

簡単な設定で右手で文字を打ち込みする人にはキーボードをを右寄りに。
キーボード一右

左手で文字の打ち込みをする人には、キーボードを左寄りに。
キーボード一左

両手で打ち込む人には画面幅をいっぱいに使った位置に。
キーボード中央

こんな風に設定から簡単に打ち手にあったキーボードの位置を設定できるんです。

キーボード位置の設定方法

それではキーボードの位置を変更する設定方法を紹介してみます。

  1. ホーム画面から設定へ進む
  2. ホーム画面から設定へ

  3. 設定に入ったら一般→キーボードへ進みます。
  4. 一般からキーボードへ

  5. 片手用キーボードへ進む
  6. 片手用キーボード

  • 右手で打ち込む人は右側
  • 左手で打ち込む人は左側
  • 両手で打ち込む人はオフ

キーボード配置を選択

設定はこれで完了です。

ワンタップで通常のキーボード位置に戻せる

設定も簡単でしたが、キーボードの端に表示されてる『<』をタップするだけでキーボード位置設定を『オフ』にすることができます。 ワンタッチで元に戻るキーボード配置

右側に設定していても、左側に設定していても、簡単に元の位置にキーボードを戻すこともできるんです。

まとめ

たった10秒で、画面が大きくなって打ちにくくなっていたiPhoneXのキーボードを、格段と使いやすくしてくれる設定なので、ぜひやってみてください。

特にての小さい女性の方にはオススメの設定ですよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で