2016/09/057 Shares

あとで読む

自分の胸ぐら掴んで言ってやりたい2つの事

胸倉つかむサラリーマン

こんにちはtaa.です。

今日はいつものtaa.ではありません。ちょっと怒ってるんです!…な、何にかって??

自分自身にですよ(怒)

誰でも自分自身に対して『何でいっつもこうしちゃうんだろ…』って自分の行動に反省したり、『なんなんた!おれ!』なんてことはあると思います。

その中でtaa.に出てくる他の自分はこんなんです…

  • ええかっこしいマン
  • びびりバビリブー

いっつもかっこつけてしまう『ええかっこしいマン』と起きてもいない事にびびって行動できない『ビビリバビリブー』なtaa.自身の胸ぐらを掴んで一言ってやろうと思います。

お見苦しい点があるかとは思いますが、何卒あたたかい目で見守ってやってください。

スポンサーリンク

ええかっこしいマンに毒針エルボー

taa.よう。この間会社で急な仕事が入ったろ。そう。どの課が担当して誰がやるかって話だよ。

そのときお前が『こっちで俺がやる』とかって気前がいいふりして答えてたろ。ふざけんじゃねーよ!かっこつけやがってこのー。本当にお前ができる状況だったかぁ?

え?なになに?みんなが嫌がってんだから誰かがヤンなきゃしょうがない??誰かがヤンないと解決しないだぁ??だからってお前がやんのかー!taa.がなんでもできる出来杉くんだとでも思ってんのかぁ〜!

水鳥はなぁ、水面下ではあんなに一生懸命足で水を掻いてるにもかかわらず、何くわぬ顔してあんなに優雅そうに泳いでる。

お前なんか全身で大変そーじゃねーかよ!

『みんなみてみてー。おれこんなに必死になって頑張ってんだよー。みんながやらないから』

みたいに。『悲劇のヒーロー』ぶってさ。全然かっこよくねーんだよ。

カッコつけんなら最後まできっちりカッコつけろやぁぁぁ!!

中途半端なこのええかっこしいマンがー!

自分じゃ完璧なものができないことはtaa.が1番わかってんだろぉ。

100歩譲ってよぉ、できないかもしれないことにチャレンジするのはいいよ。100歩譲ってな。

でもさー本当にお前がやるのがええんかったんか??

あなたがやるのがええんかったんかー!ワレーこのー

ええかっこしいして簡単に自分がやりゃぁ解決するなんて思ってんだろーけどなんの解決にもなってねーんだよ!その場しのぎだよその場し・の・ぎ!

ラクしたいだけなんだよ!

話し合って解決したり、時にはぶつかってって本当の意味で解決するってことから逃げてんだよー。

わかったかtaa!

そんなtaa.には…アブドーラ ザ ブッチャーの試合で見た毒針エルボーで目ー覚ませやー!!うりゃゃゃー

taa.毒針エルボーくらう

びびりバビリブーに地獄突き!

taa.さ、ブログでもそうだし仕事でもそうだけど、何か行動を起こそうと思った時とか、何かに対して言葉を発する時に『○○○って思われたらどうしよう』とか『これやったら○○ってなっちゃうかもしれない』ってよくかんがえてるべ。

起きてもいないことにビビって何もできないとかやめろやぁ

なんか起きたら起きたで対処すればイーダギー!

自分が自信持ってることだったらそんなこと気にしてねーで突っ走ってみろやー!

taa.の周りにはそんなちっちゃい人たちばっかりじゃねーだろ。

それだったらバカと思われるかもなんてくだらねー心配してねーで行動起こせやー。

そんなビビリバビリブーなお前にはアブドーラ ザ ブッチャーの必殺技!地獄突きだぁー!

シャッシュッシ!!

地獄突きくらう

どーだ!おらぁ!地獄突き食らって少しは目が覚めたかー!

まとめ

まとめるもんでもないんですが…そんなことなんです。

あんまり意味のない記事ですが、年の瀬なので今年の反省を振り切るためにもブログに書かせてもらいました。

ブログをそんなことに使ってすみません(汗)

2016年はブロガーイベントなどにも参加して人との出会いを大切にした〜い年にします。

その前にtaa.のくだらないええかっこしいマンとビビリバビリブーを毒針エルボーと地獄突きで3カウントとってやりました!

2015年タブログに訪問してくださった方と、SNSで絡んでくださった皆さん。来年も宜しくお願い致します。

そして2016年にtaa.が参加するかもしれないイベントなどでtaa.を見かけましたら優しく声をかけてやってくださーい(^O^)

2016年も…

愛プレート

夢プレート

希望プレート

(知らない人はブログ記事作成に絶対欠かせないアイテム6つと最も大切なものプラス1 #EBCitems を是非みてね!)

愛と夢と希望をカバンにパンパン詰め込んでつっぱしっていきます!

最後までお読みいただき有難うございます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で