2016/09/054 Shares

あとで読む

耳の穴かっぽじってよーく聞けよー。『聞く』について書いてみる

slooProImg_20150715164655.jpg

何年かぶりにまともな風邪をひいて38.2度の熱が3日間続いてる単身赴任でブログ書いてるtaa.(@taablog73 )です。

皆さんも夏風邪に注意してくださいね。

なんか、変な記事タイトルですみません。

べつにtaa.が何かを解き聞かせる訳ではないのですが、今日は『聞く』についてtaa.の体験を交えて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

本当の本当に人の話聞けてますか?

taa.は10代の後半に小さなスナックでアルバイトをしていたことがあります。

カウンター内で女の子のドリンクを作ったり、おつまみを作ったりが主な仕事です。

もちろんカウンターのお客さんの接客もします。

そのころのtaa.は耳にピアスを11個ぶら下げて、鼻ピアス2つにロン毛ガングロって風貌でしたw20年前の話ですが。

お店のお客さんは地元の方や、近所の企業の方がほとんどで年齢層は20代後半から60代くらいまでのお客さんがいらしてました。

ある日、カウンターの30代前半のお客さんと何かについて、あーだこーだ(内容は忘れちゃいました)話していると、意見がぶつかってきました。

お客さん
◯◯ってこーなんだよ。知ってた?
taa
いやいや。違いますよ。◯◯です!
お客さん
お前はまだ若いから分かんねーんだよ。
taa
歳は関係ないっすよ。◯◯です!

みたいな会話になってきてtaa.がだんだんムキになってきたんでしょうね。

ママ(当時31歳)にバックルームに呼ばれて

『帰んな。』

の一言。

ちょっとふてくされながら帰ったのを覚えています。

この年代は自分の思いをまっすぐぶつけるっていうのが『かっこいい』みたいなアレですよ。

若者の主張を聞いてくれー大人ー!!みたいなね。

ママからのアドバイス

翌日、お通しを作ったりおしぼりを丸めたり掃除をしたりと開店準備のため5時に出勤するとママがおしぼりを丸めてました。

taa
おはようございます。昨日はすいませんしたぁ。
ママ
おはよう。
ちょっとこっち来な。

前日のお客さんに対する言葉遣いや態度について『怒られた』と言うより『指導』してくれました。

今だから『指導してくれました』って言えるけど当時は『指導された』って感じでしたけどね。

そしてここからがtaa.の人生に大きな影響を与えたママとの会話です。

ママ
あんたさぁ。人の話はまず、聞きなさい。
自分がどう思っているかは関係ない。
とにかくただ聞く。


『世界は知る事で広がるんだよ』

ママ
自分の意見とか思いを伝えるのは大事だけど、相手の話を『ただ、聞いて』からでも遅くないんじゃない?そのままやってたらあんたの世界がちっちゃいまんまだよ。

taa
・・・

って、言われたんです。

その当時は特に大きな感情の変化とかはなく、『わかりましたぁ』って感じだったんですけど、2,3日後にお客さんと話をしてる時に、自分の意見を言いたいのを我慢して『へぇ〜、そーなんですねー』って我慢して聞いてみました。

そしたら、なんとなくですけどママの言ってる意味がわかった気がしたんです。

『こーやって感じる人もいるんだなぁ』

とか

『あー!確かに!』

とか。

確実に自分の世界が広がっていきます。

反応的、反射的に人の話を『ただ、聞く』事をしないと世界の広がりはありませんね。

とは言っても、だいたい反応的に自分の思いばっかりぶつけて後から気がつく事ばっかりですけどね(笑)今でも。

『ただ、聞く』って??

多分人って誰かと会話しながらも『自分』とも会話してる事ってあると思うんです。

過去記事
自分の心の中の声がうるさくて上司の話が全く入ってこない! | タブログ

人は何にでも意味を付けたがります。

例えば会議中に部長が課長に『この資料の字が間違ってるよ』

って指摘されると『部下の前で恥じかかされた』って意味を付けたり。

部長が言っている事は『資料の文字が間違ってるよ』です。

この言葉に『課長に恥かかせる』なんて意味は全くありません。

こんな会話があるかはわかりませんが、あくまでも一つの例です。

とにかく人は『意味』を付けたがる『意味付マン(ガール)』です。

過去の体験や、状況環境によって変わる『意味』

部長の言った『この資料の文字が間違ってるよ』って言葉を部長室で2人きりだったら『恥をかかされた』なんて思いませんよね。

『すぐ訂正します』ってなると思います。

それでは部長と2人だからって『ただ、聞く』がてきるのか?

状況や環境が変われば付ける『意味』が変わるだけです。

例えば
『指摘された』=『評価が下がった』

もちろんしょっちゅう同じように誤字脱字があれば評価も下がるかもしれませんが、『この資料の文字が間違ってるよ』に『評価が下がる』って意味はどこにもありませんよね。

これが難しい『ただ、聞く』

『意味付けマン』の意味を付けるスピードはめちゃめちゃ早いです。

反射的、反応的に『意味』を付けるので、なかなかこのスピードには敵いません。

なので、少なくとも『意味』を付けてる自分に気がつくとこです

後から『意味』を付けてる事に気がついたって遅くないです。

『意味』を付けてる事に気がつけば、言葉の意味をそのまま読み取るだけです。

シンプルに行動ができると思います。

行動や状況にも意味を付けたがる

例えば…

朝会社で俺が『おはよー!』って言ってんのにあいつだけ『おはよー』って言い返さなかった=『あいつは俺の事ムカついてる』

ただ聞こえなかっただけかもしれないし、考え事をしてたのかもしれません。

例えば…

事務員さんが『taa.さん甘いもの好きですよね?このチョコあげますよ♡おいしーですよ』=『俺の事が好き』

ただ、チョコをくれただけなのにw

例えば…

行きつけのガソリンスタンドで『この子いつも話かけてくるなぁ』=『俺の事好きなのかな』

例えば…

会社近くのコンビニで『昼に俺が来るといつもレジでこの子だなぁ』=『俺の事が好きで他の店員さんたちが気を利かせてる?』

とか。

勝手に自分で意味付けてるだけですからねー。

しかもひどい事に、自分で付けた『意味』が『真実』になっちゃうんだからタチが悪いです。

皆さんも思い当たる節はありませんか?

まとめ

アレ?話が最終的にずれちゃった気がするけど…

とにかく、人は何にでも意味を付けたがる意味付けマンです!

そんな意味を付けてる自分に気がついてあげてください。

とにかく『ただ、聞く』です

相手の話してる事はまず、そのまま聞いてみて!

自分の知ってる事でも、人の話を『ただ、聞く』
と自分の世界が広がるから。

『ただ、聞く』です。

言葉には文字の意味しかありません。

文字に思いや経験で意味を付けて聞いてしまうと、全く違う答えになっちゃいますよー。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で