5 Shares

あとで読む

仕事の癖

image

最近、ストレスなのか食欲が全開な単身赴任ブロガーのtaa.です。

皆さんにもありますか?

仕事の癖。

自分ではしっかり気がついているのに、気がつくといつもやってしまって、最後に『またやってる』て、気がつく自分の仕事の癖。

別に知りたくないと思いますが、taa.の仕事の癖を紹介します。

スポンサーリンク

仕事の癖とは

image

外食していて他のお客さんが入ってくると『いらっしゃいませー』と言いそうになってしまう(飲食店店長の友人)等の仕事の癖ではなく、例えば資料作りで一気に作りほぼ出来上がるが、完成するのはいつもギリギリ。

締め切り間近にならないと作業を始めないとか。

等の仕事の癖について書いてみます。

taa.の仕事の癖とは

taa.の仕事の癖は

『凝る』

です。

taa.の持っている数多くある仕事の癖の中でも一番タチが悪い仕事の癖です。

プレゼンの資料や会議の資料作りで内容からデザインも『凝って』しまうのです。

1時間後に社長と急遽打ち合わせが入り簡単に要点だけの資料を作ろうと思っていても、凝ってしまい、自分の中で納得がいかず、結局は時間がなくなり具体的な数字などだけをまとめたシンプルな資料になり、結果凝らないほうがよかったり。

時間を有効的に使う

image

それまでに費やした時間が完全に無駄。

時間もないし、凝った資料を、作ったとしても中途半端なものにしかならないのが分かっているのにやっちゃうんですよねー。

先日も上司の外出の時間を知り、絶対に今日中に概要を説明し明日の一番から動きたい事があったので簡単な資料を作って、上司が外出する前に了解を得ようと思い簡単な資料を作っていました。

作っているうちに『あれもこれも』になってしまい、伝えたいことがぼやけた資料になってしまったので、結局は言葉だけで伝えたってことがありました。

(もちろん伝えたいことは伝わりOKはもらってます(笑))

資料を作っていた時間がまったく無駄でした。

凝りすぎて…

最近は作らなくなりましたが、エクセルの等の表計算ソフトを使った集計表なども、作成を指示され作っていても

『これがあったら便利だな』
『これをこうすればいいもっと楽だな』『これをこうしたらもっと見栄えが良くなるな』
『これ入れたらあれも見れるな』

などやっているうちにどのセルと参照しているのかわからなくなり結局はシンプルな表に落ち着いたり。

そのくせ自体は悪いものではないと思うんですが、誰を相手にその資料を使うのか?

資料を見る相手は何が知りたいのか?

資料を見せる相手に何を伝えたいのか?

を考え今できる最善をすれば良い。

もちろん時間がたっぷりあれば、完璧な資料を作れば良いと思うのですが、自分の癖では答えより、答えに行くまでのプロセスが中心になってしまう事がありそうです。

なので、いつも資料作るときは何『何を伝える?』というメモを書いてから資料作りしています(笑)

まとめ

『仕事の癖』は他人からしたら『あいつのーゆーとこすごいよな』って言われていることかもしれません。

なので、一概に『仕事の癖』は悪いものではないと思います。

もしかしたら、taa.も『仕事の癖』をもっと前面に出し、完璧にしたほうが良いかもしれないですが、今はこの『仕事の癖』を手放したいです。

みなさんも、ご自身の仕事の癖について『こんな癖の自分がいるんだなぁ』って見てみるのも面白いかもしれませんよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で